アクセサリー
Accessories

アルミケースの最高峰!匠の技が光るiPhone4、4S両対応の「CLEAVE ALUMINIUM BUMPER」

c20111102 (9)

iPhone4Sを購入すると同時に、もっとも合いそうなアルミケースを探しているときに出会った商品。

細部まで美しく、高級感と強度、どちらも高いレベルを持ったケースをご紹介。

私が購入したiPhone 4Sはホワイトモデル。
私が選んだカラーは「ラグジュアリーホワイト」です。
かわいらしい名前ですが、COOLなボディーをもってるんです。

付属品は、

固定用六角ネジ
Powerボタン
音量ボタン
サウンドON/OFFボタン
固定用六角レンチ
Cleave Aluminum Bumper対応ステレオミニプラグ3.5φ

です。

このアルミフレームは2つの六角ネジで固定されており、ネジをはずすと2つに分かれます。

まずはアルミフレームの穴に、それぞれのボタンのパーツを装着。
このアルミボタンで間接的にiPhoneのボタンを押すみたいですね。

ボタンを装着したらiPhoneをアルミフレームの溝にそって差し込みましょう。
このとき、音量ボタンがきっちりはまるように注意しながら差し込んでください。
その後、残りのフレームを差し込んでネジで固定。

ボタンもすべて保護されています。
デザインを損なわず機能性が高いのはうれしいですね。
音量ボタンも問題なく動作します。

もちろん電源ボタンもばっちり!
あぁ、美しい・・・。
2つのアルミフレームがキレイにかみ合っています。
iPhoneの画面よりすこしフレームの高さがありますので、画面を下にテーブルの上においても傷つきません!

SIMスロット用の穴もしっかり!
アルミ製のケースはこの部分が埋まってしまっているものも多いですが、私はよくここをあけることがあるので、これは助かります!

あまりにもホワイトモデルになじみすぎて別のiPhoneみたい。
iPhone 4SはiPhone4とデザインがほとんど同じなので、なにか変化が欲しい人にもぴったりかもしれませんね。

サイズは高さ幅とも1cmぐらいは大きくなりますでしょうか。
フレームのデザインが特殊で角のところが軽くエッジ状になっているので、少し違和感を感じる人もいるかもしれません。
腹の中心部を持つ方には問題ないかと思いますが、角に小指を当てて持つ人は少し痛いかもしれません。特にDockの部分は鋭利です。

うれしいストラップホール!
アルミ製のフレームなので強度も抜群!せっかくストラップをつけても強度が弱ければ不安ですしね。

イヤフォンジャック部分は約直径6mmの穴が空いています。
そのため、純正のイヤフォン以外も挿すことが可能です。

おなじくDockコネクタ部分も少し余裕をもたせ開口されています。
そのため純正のコネクタ以外も挿すことができるようです。

いかがでしょう?
iPhoneホワイトモデルの光沢とよく合うデザインだとは思いませんか?

黒いiPhone4に装着してみました。
これはこれでキレイですが、個人的には同系色でそろえたほうがよさそうですね。
フレームのカラーは全部で8色ありますので、好みにあったカラーを選びましょう。

 

iPhone4とiPhone4Sが普及し、同じデザインの携帯電話を持つ人が多くなった今、インパクトのあるケースで差をだしちゃいましょう!

追記)電波について

電波もレビューをして欲しいというメッセージをいただいたので、いくつかのケースと比較してみたいと思います。

その前に、5本表示の電波じゃ比較してもわかりづらいので電波状態を数字化する方法を使って比較してみます。

電波を数字化する方法はこちら↓

iPhoneの5本表示の電波を数値化する方法

比較したいケースは今まで使用していた下記のクリアケース「UltraThin for iPhone 4」。

【購入レビュー】世界で最も薄い、0.5mmのiPhone 4 ケース「UltraThin for iPhone 4」

以前レビューしたケースです。

と、同僚が持っていたラバーケース。

と、今回のアルミフレーム、

です。

数値化する前はこんな感じ。

どちらも5本です。(キャリアがベトナムのキャリアになっているのは、ベトナムで実験したため。)

では先ほどの方法で数値化して表示してみましょう。

まずはそのままの状態です。

「-54」と表示されていますね。これが現在の電波です。
この数値が大きいほど電波がよく、マイナスになればなるほど電波が悪いです。

ちなみに「-54」のときは電波は5本でした。「-110」のときは2本でした。

つづいてクリアケースの場合。

「-67」と先ほどの「-54」よりも数字が低くなってしまいましたので、少し電波が悪くなったということですね。

つづいてラバーケースの場合。

「-58」という数字になりました。そのままの状態とほとんど変わりませんね。

それでは気になるアルミフレームの場合。

「-77」です。比較したケースの中ではもっとも電波状態は良くないですがあまり変わらないですね。

他にも手で握ったときの実験をしてみました。
ケースをつけない状態でiPhoneを握ると・・・。

「-80」です。アルミフレームをつけたときよりも電波状態が悪いですね。

ケースをつけた場合はどうでしょう?

・クリアケース:「-73」
・ラバーケース:「-67」
・アルミフレーム:「-70」

結果、どれも大差はありません。むしろ電話をするときに握ることを考えると、ケースをつけた方が電波状態が良くなります。(実験デバイスはiPhone4S)

以外だったのが、アルミフレームの結果。電波が大幅に悪くなるかと思いきやほとんど変わらず。
一時間ほどおいて再度実験しましたがそのときも「アルミケース(机に置いた状態):-76」、「アルミケース(手で持った場合):75」とほとんど変わりませんでした。

電波順にまとめると次のようになりました。

ケースなし、机の上に設置 -54
ラバーケースあり、机の上に設置 -58
ラバーケースあり、手で握る -67
クリアケースあり、手で握る -67
アルミフレームあり、手で握る -70
クリアケースあり、机の上に設置 -73
アルミケースあり、机の上に設置 -77
ケースなし、手で握る -77

もちろん電波の状態は常に変わるので、いつも上記の結果になるとは限りません。
結果、アルミフレームをつけると若干電波は悪くなりますが、ケースなしで使用するときよりも電波は良くなりそうです。

購入の参考にしてくださいね。

商品情報

メーカー名 Deff
対応機種

iPhone4/4S

商品仕様

素材:アルミ合金:A6063T5
製品重量:約22g

価格 8,980円 ~ 12,980円 (税込)
販売サイト 販売サイトへ

Date: 2011年11月02日 | Categories: |