アプリレビュー
Application

脱獄せずにiPadにiPhoneのブラウザを表示可能なアプリ登場「CoBrowser」

iPhoneをお持ちでiPadを購入された方は3GモデルではなくWi-Fiモデルを購入された方も多いのではないでしょうか。

しかし、現状Wi-Fi環境がない場所で使うことも多く、3Gモデルを購入しておけばよかったなーなんていう人もいるのではないでしょうか。私もその一人です。

このアプリを使えば、あたかもiPadでインターネット(ブラウザ限定)をしているかのような状態にすることができます。

脱獄せずにiPadにiPhoneのブラウザを表示可能なアプリ登場「CoBrowser」イメージ1

このアプリはBluetoothを使ってiPhoneとiPadを通信させ、ブラウザを共有するというものです。
今までWi-FiモデルのiPadでインターネットをする場合は、Wi-Fi環境がある場所に移動するか、PocketWi-Fiなどのモバイルルーターを使うか、iPhoneを脱獄させ、ルーターにしてしまうといった方法しかありませんでした。

このアプリを使えば、脱獄せずともiPadでブラウジングすることが可能になります。

【設定】
・iPadとiPhoneのBluetooth機能をオンにする

事前準備はこれだけ。

iPhone側がホストになるので、アプリを起動して「Host Session」をタップします。

脱獄せずにiPadにiPhoneのブラウザを表示可能なアプリ登場「CoBrowser」イメージ2

iPad側は「Join Session」をタップして、表示されるiPhoneを選ぶだけ。

なんて簡単なのでしょう。

脱獄せずにiPadにiPhoneのブラウザを表示可能なアプリ登場「CoBrowser」イメージ3

接続が完了すると、iPhone/iPadともにブラウザが表示されます。
Safariではなく、内蔵されたブラウザです。

iPadで操作することができるので、あたかもiPadがインターネットにつながっているかのようです。

脱獄せずにiPadにiPhoneのブラウザを表示可能なアプリ登場「CoBrowser」イメージ4

ただし、iPad側でリンクを押すたびにiPhoneに通信してもいいですか?といったダイアログが表示されます。

これは若干面倒くさいですね。
セキュリティーのためにこうなっているのだと思いますが、切り替えできるようになればもっと便利になりそうですね。

脱獄せずにiPadにiPhoneのブラウザを表示可能なアプリ登場「CoBrowser」イメージ5

これで大きな画面でブラウジングすることが可能になりました。
Wi-Fi環境がない場所で大画面でブラウジングしたいときにいかがですか?

使用中の動画です。

リンクを押すたびにダイアログが出るのは面倒くさいですが、脱獄せずにここまでできるとは驚きです。
Wi-Fiモデルを購入されている人は入れておいて損はないアプリですよ。

アプリ情報

開発者 collect3
アプリカテゴリ 仕事効率化
価格 230 - 記事掲載時

Date: 2010年11月24日 | Categories: , |