コラム
Column

初期設定しないと使えない、「iOS 5」のiTunes Wi-Fi同期の設定方法

「iOS 5」にアップデートしたみなさん、機能の一つである「iTunes Wi-Fi同期」を利用していますか?
この機能は、USBでPCやMacとiPhoneをつながなくても自動的に同期をしてくれるすばらしい機能です。

そのままでは利用できないので、設定しましょう。

この「iTunes Wi-Fi同期」という機能、iPhoneの設定だけではなく、PC / Mac 側の設定も必要なんです。
初回時はUSBでの接続が必要になるので、PC / Mac とiPhoneやiPod touch、iPadをUSBケーブルで接続しましょう。

b20111019.jpg

いつも同期する画面と同じ、「デバイス」から自分のiPhoneやiPadを選択し、「概要」タブの下の方にある、「Wi-Fi経由でこのiPhoneと同期」にチェックをいれます。

PC / Mac 側の設定はこれだけ。

 

次に、iOS 5が搭載されたiPhoneやiPadの設定です。

 

b20111019_2.jpg

 

「設定」アプリを起動し、「一般」の「iTunes Wi-Fi同期」をオンにしましょう。

これだけで、毎日iTunesを起動したときに自動的に同期を進めてくれます。
これでバックアップのとり忘れもなくなりますね。

ちなみにiOS5をインストールすると、同期中でもデバイスの操作が可能になります。
そのため、毎日同期がはじまっても、同期中はデバイスが操作できない!なんてことはありません。
非常に便利なので、是非設定してみてください。

Date: 2011年10月19日 | Categories: |