コラム
Column

iPhoneライフが快適になる豆知識・小技!

直感的な操作で使うことができるiPhoneですが、細かな部分まで知っておくことで
iPhoneをもっと便利・快適に使うことができるかもしれません。
そんな役に立ちそうな豆知識や小技を紹介します!


バッテリーの消費を抑える方法

フィーチャーフォン(ガラケー)と比べて、iPhoneをはじめとするスマートフォンに変えて、まずびっくりするのがバッテリーの減りの速さ。
バッテリー容量自体はフィーチャーフォンより多いのですが、ディスプレイが大きい分消費電力も多いです。
そんなときは設定を調整して、消費電力を抑えてみましょう

1.Wi-Fi、Bluetooth機能のオフ
「設定」→「Wi-Fi」、「設定」→「一般」→「Bluetooth」
から各種機能をオフにすることができます。
あまりBluetoothを使わない人は、こちらだけでもオフにしておきましょう。

2.圏外のときは機内モードにする
電波が悪いときや、圏外のときは電波を探すためにかなりの電力を消費します。
そんなときは電源を切っておくか、機内モードにしておきましょう。(着信や発信ができなくなります。)

3.バックライトを暗くする
一番効果が高い方法です。
室内で使用する分にはそんなに明るさは必要ありません。
「設定」→「明るさ」
から明るさを調整しておきましょう。

基本的に機能をオフにしていく、データの受信間隔を長くするといったことで消費電力を抑えることができます。

<$MTPageSeparator$>


すばやくフリック入力をする方法

iPhoneの特徴としてフリック入力があります。
フィーチャーフォンと同じように「お」を入力するときに、「あ」の位置を5回タップすることで入力することもできますが、「あ」の位置から下方向にフリック(指ではらう)だけで入力することもできます。

慣れると、どの位置にどの文字があるのか分かるようになるので、下記の動画のように候補が表示される前に入力し、文字を高速で入力することも可能になります。

また、同じ文字を連続で打ちたいときは(たとえば「ああ」など)、2つ目を入力するときに一度他の候補にスライドさせてから入力したい候補の上で指を離すことで、すばやく同じ文字が打てます。


スクリーンショットを取る方法

ホームボタンを押しながら、スリープボタンを押すことで、画面が白く光り、スクリーンショットを取ることができます。
スクリーンショットはカメラロールに保存されます。


反応が悪くなったホームボタンを直す方法

iPhoneを使い続けていると、ホームボタンの反応が悪くなることがあります。
多くの場合、これはホームボタンとパネルの隙間に埃やゴミが入ることが原因です。
そのときは下記の方法で直しましょう。

1.ホームボタンにデコピンする
ホームボタンに向かって何度もデコピンすることで、隙間に入り込んでいた埃やゴミが出てきます。

2.ホームボタンに電動歯ブラシをあてたあと、掃除機で吸う
「Touch Lab – タッチ ラボ」さんのサイトで紹介されていた記事です。
電動歯ブラシでホームボタンを振動させ、埃やゴミを出した後、掃除機でそのゴミを吸い取るという方法です。
詳しくは「Touch Lab – タッチ ラボ」さんのサイトからどうぞ。

反応が鈍くなったiPhoneのホームボタンを直すちょっと意外な方法 – Touch Lab – タッチ ラボ


顔文字を登録する方法

キーボードの「^_^」ボタンをタップしたときの候補表示される顔文字を増やす方法です。

「設定」→「一般」→「キーボード」→「ユーザ辞書を編集」
上記の画面に移動後、「単語」に登録したい顔文字を、「よみ」に下記の写真のような黒いスマイルマークを入力し、保存するだけ!

この黒いスマイルマークは「^_^」ボタンをタップして出てくる顔文字からコピーすると楽です。

顔文字の候補の中に、黒いスマイルマークをつかった顔文字があります。


着信音を登録する方法

iTunesを使って着信音を作ることができます。
手順はiTunesに登録されている曲を40秒以内に収まる形に変更し、「AACバージョン」で保存します。
その後拡張子を「.m4a」から「.m4r」に変更することで着信音として登録することができます。
詳しくは下記の記事を参考にしてください。

iTunesの音楽をiPhoneの着信音にする方法 – MacPeople Web

着信音を簡単に作ることができるアプリをインストールして作るのが一番簡単ですね。

【アプリレビュー記事】iPodのライブラリから直接着信音を作れるアプリが登場「リングトーン」


サイレントモードでアラームが鳴るのを防ぐ方法

iPhoneはミュートボタンでミュートにすることで、着信音やアプリの音を消すことができます。
しかしアラームの音だけは消えてくれないので、サイレントモードにしているのにアラームが鳴って恥ずかしい思いをした人もいるのではないでしょうか。

アラームの音を消す場合は、ボリュームボタンでボリュームを下げて無音することでアラームの音を聞こえなくすることができます。


大文字のアルファベットを連続で入力する方法

大文字のアルファベットを打つときは、キーボードの「↑」ボタンをタップすることで、一度だけ大文字を入力することができますが、ずっと大文字を打ちたいときはどうするのでしょう?

実は簡単で「↑」ボタンをダブルタップすることで、ボタンが青く点灯し、連続して大文字のアルファベットを入力することができるようになります。


通話を回避する方法

着信があったときに、スリープボタンを一回おすと「消音・振動停止」になります。
さらにスリープボタンを押すと、留守番電話サービスにまわすことができます。


メールやSafariの画像を保存する方法

保存したい画像をしばらく長押しすることで保存が可能です。
保存された画像はカメラロールに保存されます。


Safariで一気に上までスクロールする方法

縦に長いサイトを下にスクロールして、一番上まで戻りたいと思ったときはないですか?
そんなときは、時計が表示されている部分をタップすれば、一瞬で上まで戻ります。


カメラ撮影時、ブレを少なくする方法

カメラを撮影するとき、ボタンをタップした瞬間にブレることがあります。
これはタップしたときにiPhoneが揺れ、そのまま撮影されてしまうためブレが生じてしまいます。

カメラのシャッターが下りるのは、撮影ボタンから指を離した瞬間なので、タッチして撮影するのではなく、撮影ボタンの上に指を置き、撮影する瞬間に指を離し(もしくはずらし)撮影します。
これで、iPhoneが揺れづらくなりブレのない写真を撮影することができます。


連絡先の姓名が逆になった場合の修正方法

iTunesでGoogleContactやPCのアドレス帳と同期を取ったとき、連絡先の姓名が逆になってしまうことがあります。

そんなときはiPhoneで、
[設定]→[メール/連絡先/カレンダー]→[連絡先]
の画面で「並べ変え順序」と「表示順序」を変更することで、表示を元に戻すことができます。


文章入力時などで1つ前の状態に戻る方法

実はiPhoneにも一つ前に戻るという機能があるんです。

それは間違って文字を入力したときや削除してしまったときに、iPhoneを軽くシェイクするだけ。
あっという間に元に戻ります。


カレンダーに祝祭日を追加する方法

iPhoneのカレンダーをGoogleカレンダーと同期させて、休日を表示させている人もいるかと思いますが、もっと簡単に各国の祝祭日を表示せることができます。

iPhoneのSafariで「http://www.apple.com/jp/ical/library」にアクセスし、追加したい国を選び「開く」「照会」と押すだけです。

削除するときは設定から「メール/連絡先/カレンダー」のアカウントを削除するだけです。


複数の写真を一気に削除する方法

写真を削除するとき、一つ一つ写真を開いて削除なんて面倒くさいことをやっていませんか?
一気に選択し、削除する方法があるんです。

写真アプリを起動させ、右上にあるアイコンをタップします。

削除した画像をタップしていき、「削除」ボタンを押すだけ。


iPhone付属イヤフォンの活用方法

iPhone付属のイヤフォンはただ音楽を聴くことができるだけではありません。
いろいろと操作することができます。

マイクも搭載しているので、イヤフォンをつけたまま通話することもできますし、iPodを操作することもできます。

実はこんなに操作できるって知っていました?

機能 操作
曲やビデオを再生する 中央ボタンを1回押す
曲やビデオを一時停止する 中央ボタンを1回押す
次の曲やチャプタにスキップ 中央ボタンを2回押す
現在の曲の頭に戻る 中央ボタンを3回押す
前の曲にスキップ 中央ボタンを3回押す
現在の曲を早送り 中央ボタンを2回押し
2回目押したまま
現在の曲を巻き戻す 中央ボタンを3回押し
3回目押したまま
電話に出る 中央ボタンを1回押す
電話を切る 中央ボタンを1回押す
電話を拒否する 中央ボタンを2秒間長押し
音量上げる +ボタンを押す
音量下げる -ボタンを押す

実はこのイヤフォン、iPhoneやiPod、iPadを操作できるだけじゃないんです。
MacにさせばiTunesだって操作可能です。

いかがでしたでしょうか?
少しでもみなさんのiPhoneライフがすばらしくなることを祈ってます☆

Date: 2011年09月22日 | Categories: |