ソフトバンク関連
softbank_news

ソフトバンク、2012年7月以降にiPhone 4、4Sの電波を改善へ

携帯電話が通じやすい周波数帯「プラチナバンド」900MHz帯新規割り当てについて、新たな割当先がソフトバンクに決まりました。

この割り当てにより、孫正義差長は「大変うれしく思っている。同時に重責も感じている。引き続きネットワークの充実にまい進したい」とコメントをしています。

プラチナバンドは、ソフトバンクが主に利用している2GHz帯という周波数帯と比べ、室内や建物の陰、山間部にも届きやすいという特徴があります。

そのため、プラチナバンドを利用できることでソフトバンクの電波が大幅に改善されることが予測されます。
しかしながら、現状の設備のままでプラチナバンドを利用することは難しく、設備投資にさらに力を入れる必要があるようです。

iPhone 4以降のモデルは900MHz帯に対応しているため、今後電波の改善が期待できそうです。

 

“プラチナバンド”900MHz帯はソフトバンクへ、電監審が答申 – ケータイ Watch

Date: 2012年03月01日 | Categories: |