ニュース
news

2012年後半に「iTunes Match」スタート?クラウド上で音楽の管理が可能に

本日スタートした「iTunes in the Cloud」のサービスに続き、日本の環境では不可能だと思われていた「iTunes Match」が2012年後半にサービスがスタートするかもしれません。

「iTunes in the Cloud」はiTunesで購入した楽曲をネット同期できるサービスですが、「iTunes Macth」は購入した楽曲以外もネット同期できるようになるサービスです。

icloud.jpg

「iTunes in the Cloud」の国内サービスに合わせて来日した、米Apple iTunes アジア太平洋地域 & カナダ担当シニア・ディレクターのピーター・ロウ氏が明らかにしたようで、2012年後半に日本でもスタートするそうです。

「iTunes Match」の特徴は、自分のiTunesライブラリに登録してある楽曲とiTunes Store上で販売されている楽曲を照らし合わせ、「マッチ」すればiTunesStoreで購入した楽曲と同様にiCloudを利用し、管理できるようになります。

つまり、日常でのiCloudを使ったバックアップの際に音楽までもバックアップできるようになります。
楽曲データはiTunes Storeにあるため、バックアップ時はiCloudの容量は消費しません。

さらに、どのようなレベルでリッピングし、iTunesに取り込んだ楽曲でも、マッチすればすべて256kbps AACのDRMフリー版に変換されるため、音質の向上が見込めます。

同じクラウド音楽サービスであるAmazonの「Cloud Drive」や米Googleの「Music Beta by Google」は手動で音楽をアップロードさせないといけないため、大量の音楽を所持しているユーザーは数週間かかる場合もありました。

しかし、Appleの「iTunes Match」はマッチした曲はすでにクラウド上に存在するため、それ以外の曲のアップロードだけで済みます。

米国では、曲数無制限で年間24.99ドル(約2000円)で提供されています。

 

アップル、2012年後半に「iTunes Match」を国内展開 -AV Watch

Date: 2012年02月22日 | Categories: |